「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 敬老園 札幌

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

敬老園 札幌
取材日:2019年4月

写真大 自然豊かな環境が魅力の敬老園札幌

写真 ロビーで談笑する看護スタッフと入居者 写真 機能訓練士とリハビリをおこなう入居者 写真 開放的な雰囲気のロビー 写真 5月1日のランチ。季節感がある食事を提供

経験豊富な人材・豊かな自然・充実の設備で自分らしい暮らし

 緑豊かな住宅街にある「敬老園札幌」。自然に囲まれた静かな環境で、自分らしく暮らせると入居者から喜ばれている。
 入居対象となるのは65歳以上で、自立から要介護5までと広範囲。看護・介護職員も充実しており、年齢や体調の変化など、ライフステージにあわせた生活を送ることができる。
 特筆すべきはスタッフが持つスキルの高さ。長年の経験を持つ看護師、介護士をはじめ、機能訓練士や栄養士など多職種が生活を支えている。看護師は24時間常駐しており、特に健康管理において厚い信頼を得ている。
 医師による訪問診療も評価が高い。3つの医療機関と提携し、各医療機関との情報共有を徹底。看護スタッフが連携することで質の高い医療サポートをおこなっている。
 オープンから28年の歴史を持つ同施設では、他に先駆けて「看取り」に注力してきた。道内トップクラスの歴史のなかで、多くの入居者・家族と最期をともにしたスタッフがそのノウハウを共有。終末期医療の技術と知識を融合することで、自分らしい最期を過ごすことができる。
 設備面の充実度の高さも入居者から好評だ。広々とした運動スペースを確保しており、卓球やビリヤードなどのアクティビティをはじめ、トレーニング設備も完備。機能訓練士とのリハビリや健康増進を目的とした運動など、幅広く使用している。
 居室は5タイプに要介護者向け個室・相部屋タイプを加えた7種類。居室タイプと入居者の年齢に応じて価格が変動するシステムだ。夫婦2人での入居にも対応しているのもうれしいポイント。
 また、地域との交流や多彩なイベントがおこなわれるのも魅力の1つ。毎年7月に開催している夏祭りには、入居者とその家族に加え、近隣住民も数多く参加している。
 5月1日現在、空室は3室。最長で2泊3日の体験入居や内覧・入居相談にも随時対応している。

基本データ

企業名:
敬老園 札幌/【運営会社】宗教法人阿弥陀寺
住所:
札幌市西区西野10条6丁目2-20/【運営会社】千葉県千葉市中央区千葉寺町33番
TEL:
011・661・8720/【運営会社】0120・165・237
URL:
http://www.keirouen-sapporo.jp/
【運営会社】http://www.keirouen.jp/index.html
シニアライフ