「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 手稲病院

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

手稲病院
取材日:2019年1月

写真大 完全個室化された全10床のストレスケアユニット

写真 ホテルのような内観のストレスケアユニット 写真 手稲山を背後にした静かな環境 写真 一般個室にもトイレを完備 写真 リハビリ室では作業療法も実施する

完全個室やクリニックとの連携で早期の社会復帰を実現

 心の病の早期回復に取り組んでいる「手稲病院」。急性期の治療からリハビリ、生活支援まで実施し、患者の社会復帰をサポートしている。
 早期退院を目指し、地域のメンタルクリニックとの連携にも積極的に取り組む。道内各地のクリニックに対して、定期的にベットの空き状況などを発信。精神科や心療内科などのドクターやソーシャルワーカーからの相談にも応じている。
 近年はハード面での整備に注力。静かな空間での休息が必要な患者や、安全な環境での鎮静が必要な患者など、それぞれの患者にあわせた療養環境で治療ができるように院内をリニューアル。2016年4月には道内に先駆けて急性期病棟の52床(ストレスケアユニット10室、一般個室など42室)を全てトイレ付きの完全個室とした。
 このうち比較的軽症な患者が入院する「ストレスケアユニット」は、全室にシャワー付きトイレのほか、エアコン、シャワー室、洗面台、テレビ、冷蔵庫を完備。ビジネスホテルのような雰囲気で、清潔感があると患者からも好評だ。
 また、一般ユニットとは異なり、個室内に携帯電話やパソコンなどが持ち込め、外出も自由におこなえる。プライバシーを確保したままストレスから離れ、ゆっくりと静養できる環境が整えられている。
 室料も備品使用料として1日1000円で利用でき、費用負担も最小限に抑えている。
 さらに麻酔科医が常勤しているので、従来の治療に比べて患者への身体的負担が軽い「修正型電気治療」がおこなえるほか、同院は「クロザピン薬物療法」が実施可能な医療機関でもある。提携する血液内科とも連携して投薬治療も実施するなど、患者に合わせた幅広い治療が提供できるのも特徴となっている。
 このほか、医師や看護師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士など多職種が協力してチーム医療を実践。病気の理解を深めながら治療にあたっている。

●診療科目
精神科、心療内科、
リハビリテーション科

●診療時間
月~金 9:00~12:00
    13:00~17:00
※初診は完全予約制
※午後は予約のみ
土曜 9:00~12:00
※再来のみ

●休診日
第5土曜、日曜・祝日、年末年始

基本データ

企業名:
医療法人澤山会 手稲病院
住所:
札幌市手稲区前田6条13丁目8‐15
TEL:
011・683・1111
URL:
http://www.teinekokoro-hospital.jp/