「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 手稲つぶく耳鼻咽喉科

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

手稲つぶく耳鼻咽喉科
取材日:2019年1月

写真大 津布久 崇院長 つぶく・たかし/1997年北海道大学医学部卒業、北海道大学病院、手稲渓仁会病院などに勤務。2018年6月開院。日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医。日本めまい平衡医学会認定めまい相談医、医学博士。

写真 眼振検査で眼の動きをチェック

めまいの原因を眼振検査と問診で特定。適切な治療へと導く

「めまい」と一言で言っても種類はさまざま。脳には異常がなく、耳鼻咽喉科への受診を勧められるケースがかなり多いという。
 北海道大学附属病院や手稲渓仁会病院などで数多くのめまい患者を診てきた津布久崇院長は「左右の内耳の働きがバランスを崩すと、ぐるぐる回るめまいと激しい吐き気を引き起こします」と語る。
 適切な治療やリハビリを受ければ完治や症状の緩和は可能だが、原因の特定が不可欠であり、医師の確かな目が問われる。
 津布久院長は長年の経験から、めまい患者に共通する独特な眼の動きである「眼振」に着目。専用の検査機器を用いて兆候を見極めている。
 問診も重要なポイントだ。めまいが起こる動作やシチュエーションをもとに原因を特定していく。また、症状緩和までの生活動作指導なども実施している。
「めまいに長年苦しんでいる方も多い。当院で解決の道筋を示したい」

基本データ

企業名:
手稲つぶく耳鼻咽喉科
住所:
札幌市手稲区前田2条13丁目3-18 メディモテイネ2階
TEL:
011・684・3339
URL:
http://teine-jibika.jp/