「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 幌北学園

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

幌北学園
取材日:2018年6月

写真大 異文化交流を通して海外文化を学ぶ

写真 興味を引き出し可能性を広げる 写真 食への感謝を学ぶ「自園調理給食」 写真 6月にゴールドコーストに開園した「ブルーベリーズチャイルドケア」

多様な経験とグローバルな視野で園児の可能性を広げる

 札幌市内に認定こども園5園、保育園3園と学童保育1施設のほか、東京都と愛知県に保育園4園、さらにはオーストラリアに保育園2園の計15園を展開する「幌北学園」。
 教育方針に「〝こころ・あたま・からだ〟のバランスと想像・創造力を育むのびのび保育の実践」を掲げている。
 通常保育のほか、英語、体育、ダンス、音楽など、幅広いカリキュラムを通して、園児の興味や可能性を引き出している。
 特筆すべきは英語教育だ。学園専属の専任講師が、登園から降園まで1日の活動を通して、英語に触れる機会を設けている。
 また、2012年から海外研修生の受け入れによる「異文化交流」を開始。文化や人種、言語に興味を持つことを目的に、英語圏のみに限らず、さまざまな国の研修生を受け入れている。これまでに世界13カ国19人が来園。今年はジョージア、ハンガリー、ベトナム、インドネシアから来日予定だ。
 海外進出も積極的。昨年はオーストラリアのシドニーに保育園を開園し、今年6月にはゴールドコーストにも開園した。対木克彦理事長は「海外で運営しているメリットを生かしていく」と語る通り、海外の保育様式を国内の姉妹園へ反映するだけではなく、職員の相互交流・派遣や親子留学の受け入れ先としても活用している。
 国内では、4月にこれまで運営していた「華園幼稚園」に保育園機能を持たせ「認定こども園はなぞの」として札幌市北区新川に移転開園させた。新園のコンセプトは〝園舎全体が保育空間〟というもの。3つのホールを完備し、それぞれで異なる遊びや運動ができる設計に。また、園庭を1階から屋上へスロープでつなげた高低差のある広がりが特徴的で、遊びの中で自然と体力がつくという仕掛けだ。開園前からその人気は高く、今年度の入園希望者は募集定員を大幅に超過した。
 また、全園で化学調味料を一切使わず、素材本来の味を生かした「自園調理給食」を提供する。園児が育てた野菜を使った献立も用意するなど、収穫する喜びや食への感謝といった気持ちを育んでいる。

●理事長/対木克彦
●設立/1973年3月
●事業内容/認定こども園、保育園、学童保育の運営

基本データ

企業名:
幌北学園
住所:
札幌市中央区南9条西6丁目1-1クウェストビル2階
TEL:
011・211・6840
URL:
http://www.kouhoku.ed.jp/
企業総覧:業種別景況と企業動向2018