「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 山崎耳鼻咽喉科クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

山崎耳鼻咽喉科クリニック
取材日:2019年1月

写真大 金谷 健史理事長 かなや・たけし/1984年旭川医科大学医学部大学院卒業。1992年英国ロンドン大学附属神経学研究所で前庭反射を研究。1996年北海道社会保険病院(現JCHO北海道病院)耳鼻咽喉科主任部長を経て、2018年4月に山崎耳鼻咽喉科クリニック理事長に就任。耳鼻咽喉科学会専門医。めまい相談医。補聴器相談医。

写真 吹き抜けで広々とした待合室。院内は全てバリアフリー

めまいのスペシャリスト。個々に合うリハビリ治療を実践

 金谷健史理事長は20年以上にわたり、姿勢や歩行の平衡、前庭反射などの研究に携わり、これまでめまいや耳鳴り、難聴など数多くの症例を治療してきた。
 新患の診療には20分以上の時間をかけ、症状や生活リズムなどを聴取する。さらにチェックシートを使用し、症状の度合いを数値化。病状の推移がわかりやすいと高い評価を得ている。
「めまいと生活習慣は密接な関係にあります。検査だけでなく、患者さんとの十分なコミュニケーションの中から最善の治療法を見つけることが重要です。医師や看護師、検査技師、事務スタッフが一丸となり、根治まで患者さんに寄り添う〝最終診断病院〟を目指します」と金谷理事長。
 治療は、生活指導やリハビリが中心。投薬は最小限にとどめ、症状の緩和へと導く方針だ。
 また金谷理事長は「動画サイトやテレビ番組のリハビリは、自身に合わない場合が多く、症状が悪化するケースもある。まずは一度診断を」と警鐘を鳴らす。

基本データ

企業名:
医療法人社団 山崎耳鼻咽喉科クリニック
住所:
札幌市中央区北11条西14丁目1番16号
TEL:
011・757・3387
URL:
http://yamazaki-jibimemai.jp/