「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 増毛町の洋梨をアイスに。セコマが新商品をリリース

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年6月号
取材日:2019年4月

写真 数量限定発売。価格は税込み129円

増毛町の洋梨をアイスに。セコマが新商品をリリース

 ニシンの町として知られる増毛町だが、実は果物の宝庫でもある。本格的に果樹栽培する地域としては日本最北に位置する。
 この増毛でとれた洋梨を使ったアイス「Secoma 増毛町産洋なしアイスバー」をセコマグループが開発。5月11日から販売している。
 セコマグループでは原材料の調達から生産、物流、販売までを一貫して手掛けるサプライチェーンの特性を生かした商品開発に取り組んできた。アイスでは豊富町の牛乳、道産メロン、余市町産ブルーベリー、厚真町産ハスカップなどを使った商品を発売している。新商品は、パートレット種の洋梨ストレート果汁を15%使用。パッケージに地名を入れることで、地域振興にも一役買っている。