「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北海道ITソリューション協会が事業をスタート

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年2月号
取材日:2018年12月

写真大 平野龍一代表(左から2人目)と協会メンバー

北海道ITソリューション協会が事業をスタート

 道内の中小企業を対象に、IT化を支援する一般社団法人「北海道ITソリューション協会」(本部・札幌市)が18年12月に発足した。事業テーマは〝リーズナブルなIT化〟だ。

 IT技術の進化はめざましいが、活用しているのは一部の大企業にとどまる。大半の中小企業はコストの問題などで導入に至っていないのが現状だ。

 そんな中、道内中小企業のIT化を支援するために発足されたのが、北海道ITソリューション協会(平野龍一代表)だ。

 同協会には、IT、税務、労務、金融、経営といった企業運営にかかわるさまざまな分野の専門家が集結。「何から手をつければよいかわからない」状況の中小企業に対し、業種・業態や人員などの現況を踏まえ、最適なIT化を提案する。

 資金力に限界がある中小企業にIT化への第一歩を踏み出してもらうため、廉価な既製品を最大限に活用。ITに対する知識が乏しい企業でも、社内の人員でしっかりと運用していけるように運用法のレクチャーはもちろん、収集した各種データの活用法までワンストップでサポートしていく方針だ。

 特にクラウドサービスの活用に力を入れ、会計、勤怠管理、給与計算、請求書管理といった業務の「省力化」と従業員の「生産性向上」を目指す。当然、従業員の負担軽減にもつながるため、限られた人員で成果を出さなければならない中小企業にとっては、効果的な離職防止策にもなり得る。

 詳細はフリーダイヤル0120・971・647まで。