「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北海道整形外科記念病院

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道整形外科記念病院
取材日:2020年1月

写真大 鈴木 孝治 副院長 すずき・こうじ/1983年北海道大学医学部卒業。同大整形外科教室入局。92年米国留学などを経て2000年北海道整形外科記念病院診療部長就任。15年同院副院長就任。日本整形外科学会認定整形外科専門医。

写真 羊ヶ丘通りに面しておりアクセスも良好

変形が著しい難症例も含め、人工関節置換術で豊富な実績

 人工膝関節置換術で豊富な症例数を誇る鈴木孝治副院長。変形の著しい膝関節症やリウマチなどの難症例も含め、幅広く手術をおこなっている。
 手術は経験のみに頼るのではなく、民間企業などと共同で開発した独自のデジタルバランサーシステムとナビゲーションを使用して実施する。
 人工関節が正確に膝に収まっていることと、人工関節を支える靱帯のバランスが適切であることを経験と機器とでダブルチェックしながら進めていく。症例によっては、セメントレス人工関節を用いるなどし、耐久性を強化。人工関節のゆるみ対策も怠らない。また、輸血なしで手術をおこなえる体制も整えるなど、細心の注意を図り手術をおこなっている。
 手術はもちろん合併症対策にも注意を払う。手術部位の化膿を予防するために、術前に原因となりえる細菌が鼻腔にないかを検査。厄介な菌が認められた場合は、菌の消失を図ってから手術を実施している。
 術後は肺梗塞などの予防のため、血栓ができてないかをエコーやCTで精密検査もおこなっている。

基本データ

企業名:
北海道整形外科記念病院
住所:
札幌市豊平区平岸7条13丁目5‐22
TEL:
011・812・7001
URL:
http://www.hokkaido-seikei-kinen.jp