「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北海道オリンピア

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道オリンピア
取材日:2019年12月

写真大 ドローンを活用して点検業務を省力化

写真 宮本典英社長

「省エネルギー・省力化」をテーマに多分野の需要に対応

 廃油で稼働するボイラーや蓄電池の開発など、省エネ製品を世に送り出している北海道オリンピア。
「省エネルギー・省力化」を成長戦略のテーマとし、現在は空調設備の運転をWEB上で一元管理できるエネルギーマネジメントシステム「IoTCare」の普及を進める。
 これまで大規模施設などでは、エアコンを1台ごとに細かく設定するのは難しかった。同システムはすべての室内機と室外機をLANで接続し、計測した外気温や湿度、室温などからエアコン1台1台の運転を5分ごとに自動で最適化。昼夜の気温差や日照なども加味して、冷やしすぎ・温めすぎを防止する。
 特にホテルや老健施設、商業施設など、空調設備を常時20台以上稼働する施設の電気料金削減効果は抜群に高い。エアコンは設定温度1度の違いで約10%の消費エネルギー削減が可能といわれる。2019年に導入した札幌市内のホテルでは、年間で約240万円の電気料金削減を見込む。
 一方18年からは、建物やトンネルなどの点検業務の省力化ツールとして、ドローン事業を開始。建設業や自治体に売り込んでいる。

基本データ

企業名:
北海道オリンピア
住所:
札幌市東区丘珠町516-7
TEL:
011・786・9292
URL:
http://www.olympia-co.co.jp
企業特集:躍進企業のネクストビジョン