「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北海道エア・ウォーター

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道エア・ウォーター
取材日:2020年2月

写真大 デザイン性も高くスタイリッシュなガス衣類乾燥機「乾太くん」

写真 「VIVID(ヴィヴィッド)」は春や秋などは主暖房のヒートポンプのみ、厳冬期はハイパワーのエコジョーズがバックアップして運転する

ガスによるパワフル&スピード衣類乾燥機が好調

「空気、水、そして地球」にかかわる事業を展開する北海道エア・ウォーター。主に産業ガス、医療用ガス、エネルギー、農業・食品など産業や地域の暮らしを支える商品やサービスを提供しており、LPガス業界のリーディングカンパニーとしての知名度も高い。
 なかでもここ数年、好評を得ているのがリンナイ社製のガス衣類乾燥機「乾太くん」の提案だ。ガスならではのパワフルな温風で、スピード乾燥が自慢。例えば、5キロの洗濯物であれば乾燥時間は約52分、8キロなら約80分で終了する。通常の電気ヒーター式自動洗濯乾燥機では5キロで約281分、電気ヒートポンプ式全自動洗濯乾燥機では5キロで約162分が標準の乾燥時間であり、大幅な時短を実現している。ランニングコストは5キロの乾燥で1回約63円。1カ月毎日使っても約1950円と経済的だ。
 またドラム除菌運転機能でドラム内の大腸菌を99%除菌。日光消毒でも除去できないニオイを取り除き、生乾き臭の原因菌の発育も抑制する。北海道では長い冬期間、外干しができないため、室内干しによる生乾きで菌が発生するなど、衛生面での懸念があるが「乾太くん」ならこうした心配も不要。赤ちゃんや高齢者の衣類乾燥にも推奨したい。
 衣類乾燥機は仕上がりのゴワゴワ感が気になる人も多いが、「乾太くん」は強い温風で1本1本の繊維を根元から乾燥。ふんわり快適に仕上げてくれる。シワが伸びるのでアイロン掛けの手間も時間も省け、共働き家族や高齢者世帯からも人気だ。
 さらに、電気とLPガスの〝いいとこどり〟を実現したハイブリッド給湯暖房システム「VIVID(ヴィヴィッド)」も引き続き好調。新築物件はもちろん、リフォームの際の導入も可能で、道内では約4500台が導入済みだ。効率的な運転を自動で切り替えるハイブリッド運転で、経済と環境性能の両立を実現している。

基本データ

企業名:
北海道エア・ウォーター
住所:
札幌市中央区北3条西1丁目2番地
TEL:
011・212・2807
URL:
http://www.hokkaido-awi.co.jp
住まい:リフォーム