「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北洋銀行

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

北洋銀行
取材日:2019年6月

写真 安田光春頭取 写真 道内外に171店舗を展開する。写真は北洋銀行本社 写真 ※単位/100万円(100万円未満は切り捨て)※経常収益、経常利益、当期純利益における%表示は、対前期増減率

実質業務純益が増加。経常利益、純利益ともに前年比増

 2016年1月から続く日本銀行のマイナス金利政策の影響を受けて、19年3月期の連結決算は、一般企業の売上高にあたる経常収益が、前年同期比3・6%減の1383億6200万円となった。しかし、経常利益が198億400万円(同30・7%増)、当期純利益が141億4100万円(同3・3%増)と増益を確保。これはシステムコストを中心とした経費削減や業務フローの見直し、貸倒償却引当費用の減少などが奏功。実質業務純益が増加し、大幅な増益に寄与した。
 貸出金残高はすべてのセクターで増加。6兆3119億円と過去最高を更新した。役務取引等利益は横ばい。投資信託の販売手数料は減少したが、個人年金保険などの販売額が増加した。
 また、M&A分野では新規受託件数が前期の16件から35件と大幅増となった。今後も人員増など支援体制を強化する計画だ。
 さらに、北海道共創パートナーズとの連携で提供している事業承継、人材紹介支援などの伴走型コンサルティングサービスも順調。紹介件数は約3倍、成約件数は約5倍に伸びており、今後も連携を強化していく。SDGs(持続可能な開発目標)のコンセプトに合致する道内中小企業を対象にした北洋SDGs推進ファンドも出資先が11件となり、出資額は1億3000万円へと拡大している。
 次期も厳しい経営状況が続くが、こうした成長分野への注力で業容拡大を狙う。

企業総覧:IR特集2019