「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 冨岡公治法律事務所

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

冨岡公治法律事務所
取材日:2020年4月

写真大 東北大学法学部出身の冨岡公治代表

写真 早稲田大学法学部出身の冨岡俊介副所長 写真 慶應義塾大学法学部出身の高橋拓也弁護士 写真 慶應義塾大学法学部出身の山崎未希弁護士(左)と北海道大学法学部出身の山口治香弁護士

あらゆるニーズに応える企業法務のスペシャリスト

 ビジネス環境は日々変化している。それにともなって企業を取り巻くトラブルも複雑化。そうしたなかで欠かせないのが法の専門家「弁護士」の存在だ。
 冨岡公治法律事務所は企業間取り引きのトラブルと相続案件などの個人依頼案件を数多く解決してきた、プロフェッショナル。40年以上の経歴と、数多くの実績を誇る冨岡公治代表を筆頭に中堅、若手弁護士が在籍している。
「依頼事件処理には積極性が重要であると若手にアドバイスしています。勝訴や顧客が納得できる和解を目指して追求してほしい。ワンチームでクライアントの期待に応えていきます」と後進の育成にも力を入れている冨岡代表。
 冨岡俊介副所長はトラブルの鋭い解析と解決策提案に定評がある中堅弁護士。新型コロナウイルスによる売り上げ減少などにより、難しい判断を迫られている企業へのアドバイスもおこなっている。
「休業や営業自粛などの状況下で、従業員への給与や雇用の維持などの課題に直面している企業も多い。存続するために厳しい経営判断を迫られているケースも少なくありません」と冨岡副所長は語る。
 山崎未希弁護士と山口治香弁護士は企業法務に加え、数多くの相続・遺産分割・離婚案件も手がける。
「企業法務と同様に相続トラブルも未然に防ぐことが重要。依頼者とのコミュニケーションを密に取り、解決の糸口を見いだすことも重要であると考えています」と山崎弁護士は語る。
「打ち解けやすい環境を心掛け、相談しやすい関係性を築くことに注力しています」と山口弁護士。
 労働問題を中心に経験を積み重ねている若手の高橋拓也弁護士は「企業法務のプロとして専門性を高め、今まで以上に幅広い案件に対応していきたい」と語る。

基本データ

企業名:
冨岡公治法律事務所
住所:
札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル5階
TEL:
011・221・1550
URL:
http://tomiokakimiharu-houritsujimusyo.com/
経営サポート