「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 人間社長塾OB会主催の講演会で土屋公三氏らが講演

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年12月号
取材日:2019年10月

写真大 約200人が来場した

写真 生き方改革を熱く語りかける土屋公三氏 写真 飛び入りでマイクを握った行徳哲男氏 写真 葛西紀明氏も講師として登壇

人間社長塾OB会主催の講演会で土屋公三氏らが講演

 土屋ホールディングス創業者の土屋公三氏が主宰する人間社長塾のOB会が、10月18日に公開講演会「働き方改革は生き方改革」を開催。約200人が来場した。

 一代で2社を上場させるなど、名経営者として知られる土屋公三土屋グループ創業会長。そのノウハウを伝授し、後進育成のために創設したのが「土屋人間社長塾」だ。今回の講演会は同塾のOB会が主催。「働き方改革は生き方改革~これからの時代の人生の創り方」と題して札幌市内のホテルで開催された。
 講演は、大見知靖ファクト社長による「3KM×ICTで超『働き方改革』の実践」、葛西紀明土屋ホームスキー部監督による「レジェンドが明かす夢の叶え方」、土屋氏の「働き方改革は生き方改革」の3部構成。土屋氏は講演で自ら考案した3KM理論を元に、昨今、提唱されている働き方改革やワークライフバランスに言及。3KMとは、「個人」「家族」「会社」などを表すもので、早くからその重要性を唱えた土屋氏の先見性に注目が集まっている。
 また、土屋氏が師と仰ぐ感性論哲学者の行徳哲男日本BE研究所が飛び入りで登壇。行徳氏は「現役を退いてもなお、自らが習得した人生哲学や生きることの意味を若者に伝え続けようとしている姿は尊敬に値する」と土屋氏を称賛した。