トップページ >   情報INDEX > 三愛病院

情報INDEX

三愛病院
取材日:2019年1月

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真大
道央自動車道「登別東IC」から車で1分のところにある三愛病院

写真
千葉泰二理事長・院長
写真
左から、中村和恵看護師長、納谷公子看護部長、原見美智看護副部長

チーム医療で早期の社会復帰までの効果的な治療を実践

 三愛病院は、主に精神疾患と高齢者認知症を対象に「医療・保健・福祉のトータルケア」を理念に掲げ、チーム医療体制を充実。質と信頼度の高い医療サービスの提供に努めている。
 精神疾患については適切な治療をおこない症状の改善に努めるほか、在宅復帰を目標にリハビリなどを実施するなどして治療にあたっている。
 また、専門外来を設けている認知症については、認知症疾患医療センターと認知症初期集中支援チームが連携。合併症も含めて総合的な治療をおこなっている。
「当院は10病棟534床の病院で、登別ほか胆振管内の患者さまが治療を受けています。個々の患者さまに適切に対応するためには、医師や看護師のほかに、検査技師、理学・作業療法士、薬剤師、栄養士、ケースワーカーなど、多職種で編成するチーム体制が欠かせません」とは納谷公子看護部長。
 同院では、入院当初から患者それぞれのカンファレンスを定期的に実施。早期退院に向けて徹底したチーム医療が進められている。
 また、安全・安心の医療を進める上で、転倒事故などに対する危険防止や感染症対策も欠かせない。
「高齢の患者さまが多いこともあり、看護スタッフは危険予知トレーニングを通じて安全への配慮を徹底しています。感染症についても対策チームを編成し、狭い範囲で終息するよう努めています」(中村和恵看護師長)
 最も多く患者と接する看護スタッフは200人を超えるが、同院でも人材不足は大きな課題だ。
「当院は人材育成にも力を入れています。2月下旬には敷地内に浴室、トイレなどを各室に備えた職員宿舎が完成し、新たな人材確保の環境が整います」(原見美智看護副部長)
 同院は精神科以外にも内科、循環器内科、消化器内科、心療内科、皮膚科、眼科、歯科口腔外科と多岐にわたる診療科を標榜し、地域医療に貢献。また、病院を運営する特定医療法人社団「千寿会」は、高齢者介護・福祉施設や障害者施設などを開設しており、医療・保健・福祉の総合施設にふさわしい陣容となっている。 

●診療科目
精神科・心療内科・老年精神科・循環器内科・消化器内科・眼科・内科・皮膚科・漢方外来・老年内科・リハビリテーション科・歯科口腔外科・歯科

●診療時間
月~金 9:00~17:00
土曜  9:00~12:00

●休診日
日曜・祝日

基本データ

企業名:
特定医療法人社団千寿会 三愛病院
住所:
登別市中登別町24番地12
TEL:
0143・83・1111
URL:
http://www.sanai-hospital.or.jp

情報INDEX 医療Menu

情報INDEXへ戻る
モバイルPC