「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ホーム企画センター

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム企画センター
取材日:2018年9月

写真大 江別市大麻元町にあるニコママモデルハウス

写真 大きな食器棚を完備したダイニングキッチン 写真 庭園とも一体感をもたらしているリビング

「炭の家」は1万棟を突破 新モデルも続々と登場

 2018年12月に創業50周年を迎える地場ハウスメーカーのホーム企画センター。
 主力商品の「炭の家」は今年6月に前人未到の1万棟を突破。その知名度はすでに全国区で、この1年に限っても1500棟以上を上積みしている。北海道発の〝健康住宅〟として人気はうなぎ登りだ。
 その秘密は、消臭効果や空気清浄効果、調湿効果に優れる炭を家中に敷設しているからに他ならない。炭の量は1トンにもおよび、その炭のパワーを隅々に届けられるよう、オリジナルの換気システムを採用。この革新的な構造が高い住宅性能を導き出している。
 また「炭の家」はアレンジがしやすく、ゼロエネルギーハウス(ZEH)タイプなど、さまざまなモデルも登場。中でも子育て世代に好評なのが「ニコママプロジェクト」だ。
 このプロジェクトは〝ママがハッピーになれる〟がテーマ。主婦層が喜ぶようなアイデアを家の随所に盛り込んだモデルホームを提案している。8月25日には第5弾「ほっこり北欧インテリアの家」(江別市大麻元町)が完成。週末には多くの家族連れでにぎわっている。
 この他、創業50周年記念モデルも続々登場。札幌市内では「グリーンタウン季実の里2‐12(北区)」「アリアポルタ新琴似南A(同)」「アリアヴィラ発寒東(西区、ZEHモデル)」「アリアポルタ藻岩中央ⅡC(南区)」などを現在公開中。今後も「川沿15‐2A・B(南区)」「福井2丁目A・B(西区)」「北野2‐1(清田区)」「西岡4‐1A・B(豊平区)」などが控えている。
 これらのモデルには照明器具やカーテンはもちろん、外構工事なども専属コーディネーターがすべてを手がける。詳細はホームページでも公開中で、サイト内から来場予約をすると特典が用意されている。なお、分譲中の宅地情報も満載なので検索したい。

基本データ

企業名:
ホーム企画センター
住所:
札幌市北区38条西2丁目
TEL:
011・756・4818
URL:
http://www.114119.jp
企業特集:道内企業の成長ベクトル