「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ホーム企画センター

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム企画センター
取材日:2019年9月

写真大 朝日が心地よい南東向きリビング(西岡4-2A号)

写真 「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018」において特別優秀賞を受賞 写真 パナソニックと共同開発したオリジナルの第1種熱交換型換気カーボンエアクリーンシステム

「炭の家」の新換気システムタイプを全国に展開

 昨年12月に創業50周年を迎えた地場ハウスメーカーの「ホーム企画センター」。
 主力商品の「炭の家」は、昨年6月に1万棟を突破。その後の累計供給実績は1万1514棟(8月31日現在)にまで達しており、北海道発の健康住宅「炭の家」の知名度は、いまや全国区となっている。
 今年3月にはゼロエネルギーハウス(ZEH)の注文住宅商品「AriA smarT(アリア・スマート)」が、一般財団法人日本地域開発センター(本部・東京都港区)による「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018」で特別優秀賞を受賞。受注に拍車をかけている。
 アリア・スマートは、北海道という厳しい気候環境の地域で、同社が試行錯誤してつくり上げた「炭の家」の集大成。換気はパナソニックと共同開発した同社オリジナルの第1種熱交換型換気カーボンエアクリーンシステムを採用。炭のパワーを存分に生かしつつ、トリプル断熱サッシや内外W断熱などで高断熱・高気密化を実現させるなど、健康、家計、地球に優しい高付加価値住宅となっている。
 現在、札幌市内および近郊にあるモデルハウスで、この換気システム住宅を見ることができる。所在地は「新発寒5‐2」(札幌市手稲区)「新琴似3‐12」(同北区)「屯田8‐7」(同)「篠路2‐8」(同)「西野5‐5」(同西区)「北19東20」(同東区)「西岡4‐1」(同豊平区)「西岡4‐2」(同)「澄川5‐10」(同南区)「大麻元町」(江別市)。
 次なる戦略としては「オリジナルの第1種熱交換型換気の普及を道内外に広めていきたい」(広報部)としている。

基本データ

企業名:
ホーム企画センター
住所:
札幌市北区38条西2丁目
TEL:
011・756・4818
URL:
http://www.114119.jp
企業特集:道内企業の次なる戦略