「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > フィーリスト

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィーリスト
取材日:2019年3月

写真大 20~30代が活躍するオフィス

写真 吉野俊文社長 写真 4月1日に催された入社式

社員の〝生き抜く力〟を養う場と機会を提供する

 創業から間もなく4年。WEBシステムの開発・保守などの受託開発で成長を続けるIT企業が「フィーリスト」だ。
 4月1日にはANAクラウンプラザホテル札幌で入社式を開催。新卒者10人が新たに仲間入りし、社員数は東京、仙台支社を含めて66人となった。
「当社を最大限利用し、自分を高めてほしい」と吉野俊文社長は、技術力と人間力を兼ね備えたITエンジニアを育てるべく、人材教育に傾注。技術の研鑽はもちろんのこと、プロジェクトチームの一員として必要となるコミュニケーション能力の向上なども合わせた独自の教育プログラムを導入している。
 既存社員や管理職にも外部講習やコーチング研修などを定期的に実施するほか、ワンオンワンミーティングも継続的におこなっている。
「社員に〝生き抜く力〟を養ってほしい。私の役割はそのための場と機会を提供すること」と吉野社長。 
 ただ、そもそもエンジニア志望の人は、対人スキルが低い傾向があるのも事実。そこで同社では、保有スキルを正当に評価するキャリアアップ制度を用意。生涯現場主義を貫く社員への配慮も怠らない。
 それでも離職率0%とはいかないのが現状だ。
 吉野社長は「当社はまだ〝未完成〟。だからこそ社員全員で企業をつくっていける。雇用を守る責務は当然ありますが、独立開業やフリーランスへの転身も多いのがIT業界です。そうした相談も歓迎していますし、ケースによっては出資することもあります」と語る。
 社員の大半は20~30代であり、吉野社長もまだ37歳。若い企業だからこそ、企業文化や社風も重んじている。
「顧客に感謝する姿勢は当然のこと、下請け業者や出入り業者など、当社とかかわるすべての人に感謝を示す。社内でも先輩・後輩、年上・年下関係なく、真摯に向き合うことを心がけています。新卒者にとっては初めての会社。社会人としての価値観や人間形成にも影響しますから」(吉野社長)。
 創業以来、ボトムアップ経営を実践してきた。現在も社員のアイデアを取り入れた新規事業を続々と計画中。2022年には社員100人体制を目指す。マンパワーを増強し、さらなる成長を遂げる。

基本データ

企業名:
フィーリスト
住所:
札幌市中央区北3条西2丁目1番地カミヤマビル6階
TEL:
011・252・9072
URL:
http://feelist.co.jp/
企業特集:地場企業で働く意義