「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ハートランドフェリー

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハートランドフェリー
取材日:2019年12月

写真大 「アマポーラ宗谷」など4隻のカーフェリーを保有

写真 船内にはポケモンのアローラロコンとロコンも描かれた

2月4日に新造船が就航。 利尻、礼文島民を支える柱に

 創業86年目を迎えたハートランドフェリー。檜山管内江差町~奥尻島、稚内市~利尻・礼文島に定期航路を運航。人と貨物の輸送を担っている。
 近年の離島航路は過疎化により利用者が減少傾向にある。そのため自治体などと連携。観光客誘致に力をいれている。19年秋には本社スタッフに中国人留学生を採用するなど、インバウンド対応も強化した。
 20年は利尻・礼文航路に新造船「アマポーラ宗谷」が就航。2月4日から運航を開始する。同航路では初採用となる全面窓の1等アイランドビューシートやペットルームを新設。さらに北海道庁と任天堂の関連会社「ポケモン社」(本社・東京都港区)と連携。業界で初めてポケモンがデザインされたキッズルームやベビールームも備えた。
 このほか、近距離のフェリーには珍しく、トラックドライバーや旅行会社のガイド専用の休憩室も完備。幅広い旅客のニーズに応えている。

基本データ

企業名:
ハートランドフェリー
住所:
札幌市中央区北3条西3丁目 札幌北三条ビル 12階
TEL:
011・233・8010
URL:
http://www.heartlandferry.jp/
企業特集:躍進企業のネクストビジョン