「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ハスコムモバイルが期待の新人29人を迎えて入社式

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年5月号
取材日:2019年3月

写真大 2019年度入社式での記念撮影

写真 挨拶する佐々木正人社長 写真 ハスコムモバイル本社

ハスコムモバイルが期待の新人29人を迎えて入社式

 道内18店舗のドコモショップを経営する「ハスコムモバイル」(本社・札幌市、佐々木正人社長)では、4月1日に札幌市内で入社式を開催。期待の新人29人が入社した。

 北海道で初のドコモ代理店として知られる「ハスコムモバイル」。現在、道内で18店舗のドコモショップを運営。北海道最大規模のNTTドコモ代理店となっている。

 昨年12月に札幌市中央区北4西20丁目にあったビルを取得。「ハスコム札幌ビル」とし、これまで中央区南8条西16丁目にあった本社を移転した。ショップと法人それぞれの営業部を統一して機能を集約。また、これまで親会社の「ハスコム」(本社・旭川市)の山下潔会長が社長を兼務していたが、4月1日から副社長の佐々木正人氏が社長に昇格した。

 4月1日にTKP札幌カンファレンスセンターでおこなわれた入社式では29人の新入社員が顔をそろえた。

 佐々木新社長は「携帯電話業界は変化と競争の激しい時代。一人ひとりが挑戦、変革する気持ちを持って個性・長所を生かしてほしい」と挨拶。その後、各人に辞令が手渡された。