「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ノースミライズ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノースミライズ
取材日:2019年12月

写真大 元銀行マンで税理士でもある前島治基社長

意識改革請負人として、従業員エンゲージメントを向上

 コーチング理論と心理学を組み合わせた独自のメソッドで、組織の意識改革を支援する経営コンサルティング会社「ノースミライズ」。企業の生産性向上のカギを「従業員エンゲージメント」の向上と位置づけている。
 従業員エンゲージメントとは、社員の会社に対する愛着や安心感を指す。義務的に作業するのではなく、自発的に仕事を楽しむ意識を持たせ、生産性を高めるというアプローチだ。
 主な対象は経営者と幹部社員。経営陣のマインドが従業員エンゲージメントに直結するからだ。前島治基社長は「指示で動く外発的動機付けでは結局〝やらされている〟だけ。自らが気づいて実行に移す内発的動機付けをうながすことが私の役割」と持論を述べる。
 特に傾注するのが中間管理職の意識改革であり、人材教育に対する固定概念の払拭だ。定期的に1ON1ミーティングを実施し、マインドアップを図っている。
「部下に弱点を克服させるのではなく、〝強み〟を生かしてもらうことがエンゲージメント向上の鉄則」と前島社長は、強みの分析やエンゲージメント測定などもサポート。企業の〝意識改革請負人〟として、高まる需要に応えていく。

基本データ

企業名:
ノースミライズ
住所:
札幌市中央区南1条西4丁目 日之出ビル 9階
TEL:
011・272・2116
企業特集:躍進企業のネクストビジョン