「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > タピオカドリンク専門店「黒龍珠」が加盟店を募集

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年12月号
取材日:2019年10月

写真大 岩見沢市にある直営の「黒龍珠」

写真 龍のロゴでブランド展開している

タピオカドリンク専門店「黒龍珠」が加盟店を募集

 空前のタピオカブームの中、全国で20店舗を展開するタピオカドリンク専門店「黒龍珠」では、加盟店を募集中。大阪や沖縄での出店も控えており、全国に広がりを見せている。

「黒龍珠」はフードクリエイト・ジャパン(本社・岩見沢市、横田憲人社長)が展開する人気タピオカドリンクチェーン店。当初は直営店のみだったが、ブームをビジネスチャンスととらえた同業・異業者からレシピの問い合わせが殺到。そこで、加盟店方式の運営にシフトした。現在は直営4店舗と加盟店16店舗を展開。年内には大阪や沖縄への出店も控える。
 横田社長は加盟店を募る理由を「世界で8割のシェアを誇る台湾のタピオカ生産会社と契約を交わし、北海道・東北エリアの代理店となっています。加盟店には高品質のタピオカと専用容器を買っていただきますが、加盟金やロイヤリティーは不要。独自のレシピを無償提供します。商圏に考慮しながらも店舗数を増やし、ブランド力を高める戦略です」と説明する。
 ブームは一過性との声もあるが「これまでタピオカは日本で3度ブームとなっており、そろそろ文化として根付くはず。ただ、一定数の店舗は淘汰され、質の高い商品を提供する店だけが残ります」と分析する。
 契約は2年。途中解約可能で違約金はかからない。〝ハコ〟さえあれば0円で開業が可能だ。既存の飲食店に併設させる加盟店も多い。詳細は電話0126・35・4560まで。