「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ジミー東原オールスターズがブラスロックツアーを敢行

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2020年2月号
取材日:2019年12月

写真大 札幌市民交流プラザのサッポロ・シティ・ジャズでは15曲を披露

ジミー東原オールスターズがブラスロックツアーを敢行

 ブラスロックのビッグバンド「ジミー東原オールスターズ」が、2019年12月に北海道ツアーを敢行。札幌と函館で4公演をおこない圧巻のステージを見せた。

 トランペットなど金管楽器(ブラス)によるセッションをメーンに、ロックとジャズを融合した「ブラスロック」の風を北海道から巻き起こそうと結成された「ジミー東原オールスターズ」。札幌を中心に活動し、日本を代表するミュージシャンがメンバーとして名を連ねている。
 19年12月には北海道ツアーを敢行。11日にさっぽろばんけいスキー場のカフェレストラン「ベルクヒュッテ」でクリスマスディナーショーを、16日は函館金森ホールで「はこだてクリスマスファンタジースペシャルライブ2019」、18日には札幌市民交流プラザの「hitaru」で国内最大級のジャズの祭典「サッポロ・シティ・ジャズ」の幕開けを飾り、ルパン三世のテーマなどのアニメソングや1970年代の洋楽、昭和歌謡をジャズ風にアレンジした楽曲など15曲を披露。この模様はNHKニュースでも紹介された。
 続く19日には、Zepp札幌で「第7回さっぽろホワイトイルミネーションコラボコンサートLIVE2019」を開催。いずれも圧巻のステージで観客を魅了した。