「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > システム・ケイ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

システム・ケイ
取材日:2018年6月

写真大 若手社員たちの自由な発言から新製品開発のヒントが見つかることもある

写真 鳴海鼓大社長 写真 2棟続きの自社ビル。札幌中心部に「札幌サテライト・オフィス」も構える

ネットワークカメラシステムとレコーダーで豊富な実績

 20年で老舗、10年会社を維持するのも難しいと言われるIT業界において、「システム・ケイ」は常にトップを走ってきた。設立は1991年。2018年で29期目を迎えた。
 鳴海鼓大社長が資本金300万円で設立した小さな有限会社は、今や資本金3億1000万円、資本準備金1億円の規模に成長。毎期、安定した業績を残している。
 同社の業績を押し上げてきたのは「ネットワーク型監視カメラシステム」だ。全国チェーンの家電量販店に約6500台の大規模カメラシステムを導入するなど、導入実績は多数。
 また、ネットワークカメラを使ううえで必須になるのが録画装置。同社はこの分野においても豊富な実績を持つ。
 自社で開発したネットワークビデオレコーダー「NVRシリーズ」はこれまで3000社以上に納入。数多くのカメラメーカーに対応する汎用性、使いやすさと高い性能を有しながら、価格は安く、引き合いは後を絶たない。
 クラウド型の場合は、設置場所にレコーダーを置かずにカメラだけで済むため、省スペース。また、店舗に不審者が侵入した際もレコーダーを破壊される心配がなく、録画データの保全性も高い。
 そのほかにも画像認識機能を搭載した監視カメラシステム、工場・製造ライン向け監視カメラシステム、顔認識マーケティングサービスなど、あらゆるニーズに応えたカメラシステムを提供している。
 例えば「車両ナンバー認識システム」は、業界トップクラスとなる99・5%の認識率で、認識スピードも画像1枚当たり0・6秒と高速。赤外線投光器を併用すれば、夜間でも確実に認識する。
 時間貸し駐車場で、月決め車両のみゲートを自動開閉させたり、店舗の顧客データベースとリンクさせることで、車で来店した顧客のサービス向上につなげることもできる。犯罪車両入場時のアラート発報としても有効だ。
 IoTやAI、フィンテックなど、現在のトレンドに応じた製品開発を進めており、その動向を同業他社も注視している。

●代表取締役/鳴海鼓大
●創業/1991年2月
●事業内容/ネットワークカメラ事業、受託システム開発事業、インターネット関連パッケージ事業

基本データ

企業名:
システム・ケイ
住所:
札幌市東区北15条東1丁目 SystemKビル
TEL:
011・704・4321
URL:
http://www.systemk.co.jp
企業総覧:業種別景況と企業動向2018