「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > サツドラが札幌ハイヤー協会と妊産婦支援で協定締結

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年7月号
取材日:2019年5月

写真大 左から富山浩樹サツドラ社長、川鍋一朗全国ハイヤー・タクシー連合会会長、今井一彦札幌ハイヤー協会会長

サツドラが札幌ハイヤー協会と妊産婦支援で協定締結

 サッポロドラッグストアー(本社・札幌市)と札幌ハイヤー協会が「妊産婦に対する包括的なサポートサービス」のパートナーシップ協定を締結、5月24日に記者会見をおこなった。

 札幌ハイヤー協会が昨年からスタートした24時間365日、妊婦を病院へ優先配車で送迎する「陣痛タクシー」サービスを、同社が発行するフリーペーパーなどで告知、認知度アップに協力する。

 これまでも札幌市とパートナーシップ協定を結ぶなど、子育て支援を推進してきたサツドラは「メーカー各社の協力もいただき、子育てを応援する商品の提供を今秋から本格スタートする」と富山浩樹社長。