「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > コーサイ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーサイ
取材日:2018年9月

写真大 中沼工場

写真 親松誠一社長 写真 中沼工場の敷地内に新工場を建設 写真 設備を増強し、顧客のニーズに対応

体制強化と設備増強に注力。11月には新工場が稼働

 ビルやマンション、公共施設など、建築物に用いられる金属部材の設計から製造・加工、取り付けにかかわる内外装工事までおこなう「コーサイ」。金属製手すり、ステンレス、アルミの分野では、道内で高シェア。
 このほか大規模モニュメントなどオーダーメードの製作物にも定評。道内で唯一、銅製屋根の補修技術も有している。
 高い技術力は道内のさまざまな建設工事現場で生かされている。今年度は「NHK札幌放送局」の移転新築工事や「北海道がんセンター」改修工事などに携わったほか、札幌市外では「新千歳空港国際線ターミナルビル」の増設にともなうホテル棟建設工事や「国立アイヌ民族博物館」(胆振管内白老町)の建設工事も手がけた。
 2015年に創業50年を迎えたことを契機に、将来に向けた体制強化や設備増強にも注力。昨年6月には、本社と中沼工場(札幌市東区中沼町50番6号)をリニューアルした。
「中沼工場内には大型のレーザーカッターも導入しました。業務の大幅な内製化に成功。スピードとコストダウンの両立につながっています」と親松誠一社長は話す。
 今年11月には子会社を設立。中沼工場の敷地内に金属部材にかかわる新工場を設立する予定だ。
「地震による停電などの影響で完成がずれ込み、ご迷惑をおかけしています。幅広い業務に取り組むことで、お客さまに還元していきたい」(親松社長)。
 また、ベテラン職人による技術の世代間継承を実現するため、若手を積極的に採用。人材育成にも注力している。
 さらに、社会貢献活動にも積極的に取り組む。親松社長は「当社はさまざまな被災地へ寄付金を送ってきました。このたびの地震で自らも被災者となったことで、より具体的な貢献活動や支援物資の提供などにつなげていきたい」と話す。

基本データ

企業名:
コーサイ
住所:
札幌市東区東雁来8条1丁目16‐10
TEL:
011・791・3243
URL:
http://www.kk-kosai.co.jp/
企業特集:道内企業の成長ベクトル