「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > コーサイ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーサイ
取材日:2019年5月

写真大 有資格者も多数在籍する

写真 親松誠一社長 写真 女性を積極的に雇用 写真 4月から新たに稼働した塗装工場

女性を積極的に雇用し、業務の内製化で建設工事に貢献

 建築にかかわる手すりなどの金属部材やモニュメント、看板類の設計や製作を手がける「コーサイ」。技術力に定評があり、道内では珍しい1級建築板金技能士の有資格者も在籍。文化財修理に活用する銅製屋根の補修技術も有している。 
 また、製造のみならず現場での施工も手がけており、金属製パネルを用いた内外装工事や道路標識の設置もおこなっている。
 この1年だけでも「NHK札幌放送局」「北海道がんセンター」「札幌市円山動物園」「新千歳空港国際線ターミナルビル」「国立アイヌ民族博物館」(胆振管内白老町)「後志自動車道」など、膨大な数の現場施工をおこなってきた。
 現在は、次世代を担う人材の採用と育成に取り組み、未経験の若者や女性を積極的に雇用している。この春からは2人の女性が新たに入社した。
「〝けんせつ小町〟に代表されるように、業界全体で女性が働きやすい環境づくりを進めています。当社も同様です。採用の2人は非常に優秀で、即戦力として現場で作業をおこなっています」と親松誠一社長。
 また、業務の内製化によるスピードアップとコストダウンの両立にも取り組んでいる。
 2017年には中沼工場(札幌市東区中沼町50番6号)に大型のレーザーカッターを導入。さらに今年4月には同じ敷地内に塗装工場も新設した。これらの完成によって本州などに外注していた大掛かりな金属板の切断や塗装業務などが社内で担えるようになり、受注から納品までの期間を大幅に短縮できるようになった。
 特に塗装は全国的に職人が減少傾向、人材難で廃業も進んでいるが、同社の塗装工場には2人のベテラン社員が在籍。専属で作業をおこなっている。
「従来はご依頼から納期まで3週ほどかかっていましたが、自社工場の完成で納期はこれまでより3分の1から4分の1程度に短縮できるようになりました。さらなる効率化に取り組んでいきます」と親松社長。

基本データ

企業名:
コーサイ
住所:
札幌市東区東雁来8条1丁目16-10
TEL:
011・791・3243
URL:
http://www.kk-kosai.co.jp/
企業特集:実はすごいぞ、この会社