「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > クラス

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラス
取材日:2018年8月

写真大 都会的でスタイリッシュな外観

写真 広々とした室内 写真 奇抜すぎず飽きのこない外観

住みやすさを重視した住宅を提供し、満室経営をサポート

 物件が供給過多といわれる札幌市で、施工後の満室を高確率で実現している「クラス」。物件の企画から設計、施工をワンストップでおこない、隙のない物件を提供している。
 全物件で設計・デザインを監修するのが一級建築士と一級建築施工管理技士の資格を持つ小林英司社長。物件のコンセプトは、創業から一貫して入居者目線に立った住みやすい物件だ。
「国が推し進める働き方改革により、ワークライフバランスの〝ライフ〟が今後重要となってきます。自宅で過ごす時間も増え、単に住めれば良いではなく、快適に過ごすことができるということが重要となってきます」と小林社長は語る。
 そのようなニーズに応えるべく、内装はデザイン性とともにゆっくりとくつろげることを念頭に置いて設計。設備面にもこだわり、ウオークインクローゼットや1坪のユニットバス、アイランドキッチン、浴室乾燥機、高効率給湯器エコジョーズなど、入居者が〝できれば欲しいな〟と思うような設備を積極的に取り入れている。
 また、築年数が経過しても高い入居率を維持できるように、将来のリフォームにも対応しやすい設計をするなど、住みやすさだけではない配慮も万全だ。
 もちろん、外観にも抜かりはない。トレンドを取り入れつつも、飽きのこない都会的なデザインを採用。実際に、札幌市内を中心に企画した竣工物件の大半は、満室の状態で投資家に引き渡されている。
 さらに、土地の需要を満たすことのできる柔軟な対応力も魅力の1つ。超狭小地でのマンション建設や猫同居型賃貸住宅、民泊物件、専用ガレージ付賃貸住宅など、敷地面積や土地の特性を考慮した他社ではあまり見かけない独創的な物件も数多く手がけている。場合によっては建て替えや改修、修繕などの提案もおこなっている。
「外観や内装で差別化を図ることは重要です。しかし、奇抜すぎると飽きられてしまいます。そのため、シンプルでありながらも他社とは違う物件づくりを心がけ、新築時だけではなく長期的にも満室を維持できる物件を提供していきたい」と小林社長は語る。

基本データ

企業名:
クラス
住所:
札幌市中央区南19条西9丁目2-37
TEL:
011・533・5002
URL:
http://www.class-kk.jp
アパート経営