「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > キットアライブ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

キットアライブ
取材日:2019年6月

写真大 今期売上高は昨年度比171%を予定(グラフ上)月間残業時間目標を10時間に設定し残業を抑制

写真 嘉屋雄大社長 写真 セールスフォースを活用し生産性を向上

業務効率化を推進し、持続可能な社会の構築に取り組む

 社名は組み立てる〝キット〟と生き生きとした今という〝アライブ〟を組み合わせた造語。単語の切り方を変えると〝キタリブ〟とも読め「北海道に生きる」という思いを表している。
 主事業はアメリカのセールスフォース・ドットコム社が開発したクラウド型システム「セールスフォース」の開発・導入・サポートだ。
 顧客管理や営業支援、人材管理など、導入先に合わせたカスタマイズが可能で、中小企業の業務効率化と生産性向上を実現できる。
 嘉屋雄大社長は「世界的にクラウドの需要が高まり、セールスフォース・ドットコム社の売上高は、約132億ドルで毎年20%程度成長しています。その波は日本そして北海道にも来ており、当社の今期売上高は昨年度比で171%を見込んでいます」と語る。
 今年4月に「北洋SDGs推進ファンド」の出資を受けたことを追い風に、今後は道内企業の売り上げシェアを加速度的に引き上げていくことを計画している。
 嘉屋社長は「セールスフォースを通して企業が成長ひいては社会全体が発展することで、国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいきます」と語る。
 その一貫として開発体制の強化を見据えた大規模な人材採用計画に着手した。今年度は15人を採用予定で、7月時点で5人の採用が決定したほか、女性採用にも積極的。育児休業や時短勤務を積極的に推進し、女性社員も多く活躍している。
 また、業界内では長時間労働が常態化する中、同社では月間残業時間目標を10時間に設定。セールスフォースや社内SNSの活用で業務を効率化し、残業時間の抑制を徹底している。

●代表取締役社長/嘉屋雄大
●設立/2016年8月
●事業内容/受託システム開発事業

基本データ

企業名:
キットアライブ
住所:
札幌市北区北7条西1丁目1-5丸増ビルNo.18 9階
TEL:
011・727・3351
URL:
https://www.kitalive.co.jp/
企業総覧:業種別景況と企業動向2019