「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > キットアライブ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

キットアライブ
取材日:2019年2月

写真大 時間や場所、デバイスを問わずアクセスが可能

写真 嘉屋雄大社長 写真 自社でもセールスフォースを活用し、業務効率化を果たしている

セールスフォースの導入をサポートし、業務効率化を促進

 労働人口の減少が進む中、企業にとって社員の生産性向上は喫緊の課題。それをシステム面でサポートしているのが「キットアライブ」だ。
 アメリカの「セールスフォース・ドットコム」とパートナー契約を締結。CRM(顧客関係管理)ソフトウェア「セールスフォース」の提案をはじめ、開発、導入、サポートまで一貫して手がけている。
 セールスフォースは、顧客管理や営業支援、予算・人材管理など、多くの分野で活用されている。業種や業態、会社規模を問わず、企業ごとのカスタマイズが可能。クラウドなので、ネット回線さえあれば時間や場所、デバイスを問わずアクセスできるのも特長だ。
 例えば営業マンが使用する場合は、案件の進捗状況や確度、取引額などが一覧でチェックでき、外出先から営業活動の結果をリアルタイムに登録できる。顧客データを分析し、グラフやチャートといった形にすれば、営業活動の〝見える化〟を実現でき、結果として戦略的な営業活動が可能となる。
 嘉屋雄大社長は「これまで帰社後に作成していた見積書なども外出先で対応でき、業務の効率化が図れます。その結果、個々の営業マンの生産性が向上し、残業時間の抑制にもつながります」とメリットを語る。
 恩恵は営業だけではない。会社の売り上げや営業利益は月次試算表で把握しているという経営者は少なくないだろう。
 セールスフォースを使用すれば、月次、年次はもちろん、現時点の売り上げや想定利益などを瞬時に表示することも可能だ。経営者はこうしたデータをもとに、財務情報を常に把握できるといったメリットもある。
 自社でもセールスフォースを導入しており、社員全員でプロジェクト管理やスケジュールなどを共有。社内SNSを使った情報交換などを組み合わせて、業務効率化を図っている。その結果、今年1月の月間平均残業時間は、過去最短の約4時間を記録した。
 嘉屋社長は「私たちは改革へのチャレンジを身近にし、ITを通して道内企業の発展に携わっていきます。当社のゴールはシステムを開発して納めることではなく、システムを通してお客さまの課題を解決することです。業務改革にチャレンジしたいと考えている経営者は相談してほしい」と語る。

基本データ

企業名:
キットアライブ
住所:
札幌市北区北7条西1丁目1‐5 丸増ビルNo.18 9階
TEL:
011・727・3351
URL:
https://www.kitalive.co.jp/
企業特集:職場を変えるツールとサービス