「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > オリエント建設

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリエント建設
取材日:2018年8月

写真大 タカラヴェール中央図書館

写真 藤田春幸社長 写真 佐藤允昭部長 写真 プレシェルト美園

各部門に専門家をそろえ、住宅のライフサイクルを1社で完結

 1979年に創業した「オリエント建設」。2002年から収益物件の企画・設計・施工に本格参入し、約315棟の賃貸マンションの建設をおこなってきた。1級建築士や1級施工管理技士、宅地建物取引士などの有資格者を各部門に配置。土地の仕入れからプラン・設計、施工、入居者募集、物件管理、修繕、リフォーム、解体まで、住宅のライフサイクルを1社で完結できるため、効率の良い作業がおこなえる。それにより、物件取得および運営に重要なトータルコストをマネージメントすることが可能となっている。
 そのほかにも、賃貸経営に対する幅広い知識を持つ「賃貸不動産経営管理士」の有資格者も在籍。万全の体制でオーナーのサポートをおこなっている。
 入居率は94%を維持。オーナーからの信頼も厚く、リピーターが多いのも特長だ。
 高い入居率の維持に欠かせない物件管理は、グループ会社の「オリエントマネージメントサービス」がおこなう。オーナー1人に対し専属のスタッフが、きめ細やかに対応。豊富な仲介業経験を持つスタッフがそろっているため、借り手目線から必要な設備や家賃設定など、空室対策に必要なさまざまな提案をしている。
「オーナーからの信頼を得ることを第一に、常に他社と比較されているとの思いで業務にあたっています」と佐藤允昭部長。その言葉通り細かな事案の報告も迅速におこなう。
 また、メールや書面だけではなく定期的にオーナーの元へ足を運ぶなど、信頼関係の構築に尽力。入居者からのクレームやオーナーからの依頼に対しても素早く対応しており、清掃も自社で清掃車3台を所有し定期的に実施している。このような細やかな管理が高入居率につながっている。 
 さらに、入居者から出たクレームをデータベース化。これを設計・施工部門へフィードバックすることで、より良い物件づくりに役立てている。
「それぞれの部門が1つ欠けても当社は成り立ちません。今後も全部門が一体となりオーナさんへより良い賃貸物件を提供していきたい」と藤田春幸社長は語る。

基本データ

企業名:
オリエント建設
住所:
札幌市南区石山1条7丁目27-7
TEL:
011・594・2066
URL:
http://www.orient-ltd.com/
アパート経営