「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > イーグルカップ札幌オープン開催。寄付金は300万円超

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

News&Files 2019年10月号
取材日:2019年8月

写真大 優勝した近藤智弘プロ(右)と美山正広大会名誉会長

写真 美山会長(左)が原田浩北海道移植医療推進財団副理事長に目録を授与

イーグルカップ札幌オープン開催。寄付金は300万円超

 正栄プロジェクト(本社・札幌市、美山正広社長)の冠ゴルフ大会「札幌オープンゴルフチャリティートーナメント」が開催された。チャリティー金は300万円超に上った。

 正栄プロジェクトが特別協賛する「イーグルカップ第45回札幌オープンゴルフチャリティートーナメント」が8月17・18日、桂ゴルフ倶楽部で開催された。
 エントリーしたのはプロアマ合わせて172人。宮里聖志、近藤智弘、芹澤信雄、藤田寛之、谷口徹、片山晋呉、香妻陣一朗、星野陸也の歴代優勝者をはじめとする実力派男子プロが参加し、トップアマも数多く出場した。優勝は近藤智弘プロ。初日7アンダー、決勝ラウンド4アンダーの11アンダーでまとめ、自身3度目のイーグルカップ優勝を勝ち取った。
 前日にはもう1つの目玉である恒例の「親睦ゴルフプロアマトーナメント」が開催され、真矢・石黒彩夫妻、岩本恭生、橋本志穂らの芸能人、プロゴルファー、パチンコ業界関係者、経済人らが参加した。
 ラウンド後には、松山千春の司会進行で、チャリティーオークションを開催。 オークションの収益金123・2万円、賞金総額の5%である200万円を合わせた323・2万円を寄付。このチャリティー金は臓器移植医療支援と道内の社会福祉支援に充てられる。