「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > アネックス

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

アネックス
取材日:2019年9月

写真大 「顧客やスタッフと、とことん向き合っていきたい」と語る佐竹英昭社長

写真 さまざまな職種に対応した総合人材サービスを手がける 写真 求職者の希望と保有スキル、性格を加味して最適な派遣先を紹介

〝人〟を大切にするアナログ式人材ビジネスで成長

 2001年に創業し、今期は19期目。来年は節目となる20期に突入するアネックス。人材派遣、人材紹介など総合人材サービスを手がけてきた。
 創業以来、一貫して長期雇用を前提とした人材供給を提案。〝必要な時に必要な人材を〟という従来の人材ビジネスのうたい文句とは異なる営業戦略で成長を続けている。
 2015年に施行された改正労働者派遣法によって、派遣労働者が同じ職場で働ける期間が3年となった。その後は派遣先に雇用されるか、派遣元に無期雇用されるか、転職するか。昨年が法改正の適用初年度だった。
「当社の該当者の半数は派遣先に直接雇用され、残りは当社が無期雇用しました」と佐竹英昭社長。
 派遣する社員が減れば売り上げは減る。それでも売上高は前年比102%で着地した。
 企業から絶えず人材のオーダーが寄せられる要因は〝人〟を大切にした独自のビジネスモデルにある。登録会は催さず、求人募集による応募者のみを採用。面接段階から専任の担当者を配置している。担当するのは派遣先を熟知した営業マンであり、ミスマッチの防止にも効果を発揮する。派遣社員の離職率は極めて低い。
 スキルアップ対策としてeラーニングによるオンライン上での研修を実施するなど、デジタル技術も活用。一方で、各担当者が派遣後の悩みに耳を傾ける定期面談といった〝アナログ〟的な取り組みにも余念がない。時には就業環境の改善や待遇面の改善を派遣先へ直訴することもある。派遣社員のモチベーションアップが生産性を向上させ、ひいては派遣先の業績アップにつながるからだ。
「業務を細分化したり、フォローもメールやSNSで済ませれば効率は上がります。しかし、当社が扱っている商品はあくまでも〝人〟なのです。今までもこれからも、人と人とのつながりを重視した心のある人材サービスを提供していきたい」と佐竹社長は語る。

基本データ

企業名:
アネックス
住所:
札幌市白石区本郷通7丁目北第一加治屋ビル3階
TEL:
011・867・5730
URL:
http://www2.plala.or.jp/annex/
企業特集:道内企業の次なる戦略