「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > すまいる歯科 札幌駅前ぺリオ・インプラントオフィス

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

すまいる歯科 札幌駅前ぺリオ・インプラントオフィス
取材日:2018年9月

写真大 阿部 祐一理事長 あべ・ゆういち/1980年日本歯科大学卒業。84年米国USC及びペンシルベニア大学歯学部補綴課程修了。米国USCクリニック、都内大学病院、国際デンタルアカデミーなどで研鑽を積んだ後、2008年開院。日本補綴学会、米国歯周病学会など多数の学会に所属。医学博士。

写真 マイクロスコープを使った根管治療

歯周病&根管治療で〝歯の健康寿命〟を延伸

 歯科治療では、失った歯に対する治療法が注目されがちだが、それ以上に重視すべきは歯を失わないための治療だ。
 阿部祐一理事長はこの分野に力を注ぐ。歯を失う原因の1位である歯周病に対しては、自費治療のTHP(トータルヘルスプログラム)で根治させてきた。
 個々が持つ歯周病菌を特定し、殺菌力および骨の再生力がある機能水とプロバイオティクスで歯周病菌を根絶する治療法。治療後は家庭でのケアと3カ月ごとの予防メンテナンスで良好な状態を維持できる。
 歯を残す上で不可欠な根管治療も得意分野だ。虫歯が悪化した際のいわゆる〝神経を取る〟治療だが、この治療は歯科医が肉眼で見ることが難しい上に、10ミクロン単位の細かい作業になるため、技術の差が顕著に現れる。同院では最新鋭のマイクロスコープを導入し、ラバーダムシートを使いながら丁寧で正確な根管治療をおこなう。
「不完全な根管治療は再発を招き、悪化すると細菌が骨を溶かしていきます。当院では過去に受けた根管治療の状態をチェックすることもできます。今や人生100歳時代です。歯を残し、歯の健康寿命を延ばしてほしい」と阿部理事長は呼びかける。

基本データ

企業名:
医療法人ハートフル会 すまいる歯科 札幌駅前ぺリオ・インプラントオフィス
住所:
札幌市中央区北4条東2丁目8‐2 マルイト北4条ビル2階
TEL:
011・242・1182
URL:
http://perio.sapporoshika.com/