「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > すすきの会場

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

すすきの会場
取材日:2019年12月

写真大 夜は午後11時までライトアップされる

写真

幻想的な夜の世界へと導く「すすきのアイスワールド2020」

 東京以北最大の歓楽街ススキノのど真ん中で開催される「すすきの会場」。1983年に雪まつりの正式会場として指定され、氷像も回数を重ねるごとに魅力が倍増。2015年からは年々増え続ける海外からの観光客への対応として、会場名称を「すすきの氷の祭典」から「すすきのアイスワールド」に改称した。
 場所は南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)の市道。北側から半丁ごとにA~Fの6ブロックに区分し、各ブロックそれぞれに氷彫刻や氷彫刻コンクール作品など60基の氷像が展示される。午後11時(最終日は同10時)まではライトアップされ、ススキノのネオン街に輝く氷像は、幻想的な空間を演出する。
 氷像以外にも、氷像に〝触れる〟〝乗れる〟などが体感できる「ふれあい広場」を開設。実際に滑ることができる滑り台の氷像や、触ることができる動物の氷像が並ぶので、 大人も子どもも楽しむことのできるスペースとして人気となりそうだ。
 また、撮影スポットとしての「イルミネーションストリート」を設けるほか、Dブロックには「アイスバー」を設置して温かい飲物などを提供する。インフォメーションブースも設けて、問い合わせへの対応や会場案内などをおこなう予定。
 主な行事としては、4日(火)にAブロックメーン氷像前(南4西4ススキノラフィラ前)で開会式(午後6時から)を開催。4日(火)・5日(水)の両日には「氷彫刻コンクール」がおこなわれる。
 また、来場者の投票による「氷像人気コンテスト」(会場内5カ所に投票箱を設置)や、「氷の女王撮影会」(時間未定)も開催。最終日の11日(火・祝)には閉会式(午後9時45分から、Aブロックメーン氷像前)がおこなわれる。

雪まつり