「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > さっぽろ白石内科消化器クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろ白石内科消化器クリニック
取材日:2019年7月

写真大 高橋 祥院長 たかはし・しょう/1998年札幌医科大学卒業。同大学病院第4内科(腫瘍内科)入局。2011年から3年半の間、被災地支援として岩手県陸前高田市にある岩手県立高田病院で勤務。17年9月開業。

写真 明るい空間の内視鏡室

事前受診なしでおこなえる大腸内視鏡検査が好評

 大腸がんの早期発見に欠かせない大腸内視鏡検査。通常は検査日以前の事前受診が必要で、その煩わしさから後回しにする人も少なくない。
 病気の早期発見に注力する高橋祥院長は、例えば大腸検査では予約時に電話で検査前日と当日の食事制限などの事前準備を患者に伝えることで、初診で大腸内視鏡検査を受けられる体制をとっている。
 検査結果はもちろん、検査時にポリープを切除した場合も病理結果を郵送で知らせてくれるため、来院の必要もない。
 地下鉄白石駅直結というアクセスの良さも好評。検査のために何度も休暇を取れない多忙なビジネスマンからの支持を集めている。
「大腸がんなどの疾患を早期に発見するためには、検査の負担を少しでも減らすことが重要。そのための環境を整えていきたい」と高橋院長。
 眠ったまま受けられる胃内視鏡検査や、2リットルの下剤を飲まずに受けられる大腸内視鏡検査、大腸CT検査など、負担の少ない検査方法を実施。〝つらい、苦しい〟といったイメージの払拭に注力している。

基本データ

企業名:
さっぽろ白石内科消化器クリニック
住所:
札幌市白石区南郷通1丁目南8‐10 白石ガーデンプレイス3階
TEL:
011・862・8878
URL:
http://shiroishi-shokaki.jp/