「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ことに眼科クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ことに眼科クリニック
取材日:2019年7月

写真大 小笠原 博宣理事長・院長 おがさわら・ひろのぶ/1984年旭川医科大学医学部卒業。89年米国ハーバード大学スケペンス眼研究所で目の循環を研究。91年から旭川医科大学で勤務し、2001年に開業。日本眼科学会認定眼科専門医。

写真 JR琴似駅と直結の好立地

技術と知見を駆使した緑内障治療に定評

 2001年に開院した「ことに眼科クリニック」。13年にJR琴似駅直結の琴似タワープラザへ移転した。
 小笠原博宣理事長は米国ハーバード大学スケペンス眼研究所で網膜や脈絡膜、視神経へめぐる血流に関する研究に従事。その後、旭川医科大学で緑内障や眼循環、未熟児網膜症の専門外来を受け持ち、診察や執刀を手がけてきた。
 特に緑内障に関する造詣が深く、専門性を生かした早期発見・治療を実践している。
 治療にはSTLレーザー治療を採用。これは眼圧の調整を担う房水の排出機能を改善するもので、房水の流出経路である線維柱帯に低エネルギーのレーザーを照射し、自然治癒反応を引き起こすことで眼圧を下げる治療法だ。
「緑内障による視野の欠けや視力低下は、元に戻ることはありません。遺伝するケースもあるので、血縁に緑内障の人がいる場合は早めに検査を」と小笠原理事長は話す。
 15年3月には厚生労働省から認可された先進医療認定施設にもなり、多焦点眼内レンズによる白内障手術も実施している。

基本データ

企業名:
医療法人社団 ことに眼科クリニック
住所:
札幌市西区琴似2条1丁目1-20 琴似タワープラザ2階
TEL:
011・623・1150
URL:
http://www.kotoni-eye-clinic.com/