「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > うめつ内科 糖尿病・内分泌クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

うめつ内科 糖尿病・内分泌クリニック
取材日:2019年7月

写真大 梅津 正明院長 うめつ・まさあき/1997年岩手医科大学医学部卒業。99年北海道大学第2内科(糖尿病・内分泌分野)入局、2007年北海道大学大学院医学研究科病態制御学専攻博士課程修了後、08年北海道医療センター糖尿病・脂質代謝内科、10年開業。日本糖尿病学会認定糖尿病専門医。

写真 光が差し込む待合室。駐車場も完備

状態把握・合併症予防で健康寿命延伸を担うドクター

 糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病をはじめ、甲状腺疾患などを診療する梅津正明院長。患者との信頼関係の構築に注力し、1人につき15分以上の診察時間を確保している。
「ただ治療内容を説明するのではなく、何を目的とした治療かということを伝えます。それが自発的に治療に取り組むことにつながります」と梅津院長。
 治療は薬だけに頼らず生活習慣の改善がメーン。患者が無理なく通常の生活を過ごせるように、病態に応じた治療方法を提案する。
「例えば糖尿病の予後には、心筋梗塞や脳梗塞など合併症が大きく影響します。血管トラブルを起こさないため、動脈硬化の状態を定期的に把握することが重要」と梅津院長。頸動脈エコーによる動脈壁の評価や血管機能検査、CT血管造影といった検査も積極的におこなっている。
 また、高齢化による筋力低下(サルコペニア)や、その結果生じる虚弱状態(フレイル)は心血管疾患のリスクであり、健康寿命を脅かす原因の1つになっている。梅津院長は予防の観点から、体組成計や運動機能分析装置を用いて状態把握に努めている。

基本データ

企業名:
うめつ内科 糖尿病・内分泌クリニック
住所:
札幌市中央区宮の森3条5丁目2‐35
TEL:
011・631・8400
URL:
http://www.umetsu-naika.jp/