「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > いぶり腎泌尿器科クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

いぶり腎泌尿器科クリニック
取材日:2019年7月

写真大 地域住民から高い信頼を寄せられている

写真 明るく広々とした待合室 写真 さまざまな機器を完備 写真 40床の人工透析室

西胆振地方随一の施設を備え、地域医療に貢献

 腎不全を含めた泌尿器科全般に対応し、2004年の開院以来地域住民から頼られる存在となっている「いぶり腎泌尿器科クリニック」。
「できる限り住み慣れた地域で治療が受けられるように、一般的な泌尿器疾患は可能な限り当院で完結できるようにしていきたい」と話す坪俊輔院長。
 3人の常勤医が患者それぞれの症例を検討しながら、治療方針を決定し、症状に合ったきめ細やかな治療を実施。前立腺がんや膀胱がん、腎がんなどの高度な技術が必要な手術においても豊富な症例数を誇っている。
 胆振管内でも有数の設備を備えた40床の人工透析室は、監視装置や、機能性・操作性の高い透析装置を設置し、臨床工学士を含む約30人の看護スタッフが対応。透析治療が必要だが、身体的な理由や交通の便が悪く、通院が困難な患者には、伊達市のほか、長万部町や真狩村、倶知安町などへも無料送迎バスを運行している。
 腎臓や尿管などの検査では、X線照射で透視画像を見ながら胸部や腹部の撮影ができるXTV(X線画像診断)を、尿路結石症の治療に際しては特殊な衝撃波で手術することなく結石を破砕するESWL(体外衝撃波結石破砕装置)など、さまざまな機器を導入し地域住民が安心して治療を受けられる体制を整えている。 
 病室は、4人部屋が3室、2人部屋が3室、特別室1室の7室19床を備え、トイレや生活に必要なさまざまな備品なども完備している。
「受診しにきた人を診るだけではなく、地域に出向きそれぞれのライフスタイルを見て、その人に合った治療方法を提案していきたい」と語る坪院長。その言葉を実践するため、障害者・高齢者施設などへの往診にも力を入れ、伊達市や室蘭市、洞爺湖町などの胆振地方の施設を中心に、1カ月で30カ所以上の訪問診療をおこなっている。

●診療科目
泌尿器科・透析科

●診療時間
月~土 8:30~16:30
(水・土は午後休診)

●休診日
日曜・祝日

基本データ

企業名:
医療法人社団 いぶり腎泌尿器科クリニック
住所:
伊達市梅本町2番地15
TEL:
0142・21・1400
URL:
https://www.ibujin.com