「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > あかりみらい

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

あかりみらい
取材日:2019年9月

写真大 「さまざまな展示会に出展し『安心給電キット』の魅力を伝えたい」と越智文雄社長

写真 最新型のインジケーター付き「安心給電キット」 写真 日本学術会議防災シンポジウムでの講演 写真 小樽市の防災訓練でも「安心給電キット」が活用された 写真 10月4日に「安心給電キット」を札幌市に寄贈(右は町田隆敏副市長) 写真 住宅用の「安心給電キット」。自宅の車から直接電気を取り込める

停電時に活躍。自動車を発電機に変える「安心給電キット」を全国へ

「安心給電キット」が好評 車からの電力供給が容易に

「あかりみらい」は、自治体や企業などの節電や省エネ、停電対策など、環境、エネルギー分野にかかわる幅広いサービスを提供している。東日本大震災による電力の危機を受け、2012年に創業した。
 同社を率いるのが越智文雄社長。北海道電力と電気事業連合会で勤務し、危機管理対策課長、北海道洞爺湖サミット環境総合展の事務局長などを務めた経験を生かして、現在は地方創生アドバイザーや危機管理アドバイザー、コストダウンコンサルタントとしても活躍している。
 同社と越智社長を一躍有名にしたのが昨年発生した北海道胆振東部地震におけるブラックアウトだ。地震直後から情報を発信。復旧後もマスコミや自治体の防災担当者などが多く訪れた。また今年の9月4日には、東京で開催された日本学術会議の防災シンポジウムで「ブラックアウトから学んだ新たな停電対策」と題して講演。重要な提言をおこなった。
 ブラックアウト後に越智社長が積極的に普及に取り組んできたのが自動車を活用した給電方法。自家発電機に比べ、移動が簡単で燃料補給も不要。コストもかからない。
「この方法を北海道に広めたのがセイコーマートさんです。車のシガーソケットから電気を取り、レジを稼働させ、全店舗の95%にあたる1050店舗で営業を継続させました。この〝セコマ方式〟を自治体防災や民間にも普及させていきます」と越智社長。 
 電力供給量は一般的な自動車では100から150ワット程度が上限だが、近年のハイブリッド車では最大1500ワットまで可能。コンセントが装備されているタイプでは、照明や携帯電話、テレビ、暖房、炊飯器など、複数の家電を同時に動かすことができる。
 一方で、給電の際に規格に合わない延長コードや劣化したものを使うと、発火や断線の危険もあり、電気を使い過ぎると車側のヒューズやリミッターが飛んでしまうことが課題であった。
 そこで「あかりみらい」は、自動車専用の給電コード「安心給電キット」を開発。1500ワットと100ワットの切り替え式の電子リミッターを搭載し、万が一、過大な電力負荷がかかれば自動的に電力を遮断。誰でも簡単に扱えるのが特長だ。
 この秋からはデジタル式のインジケーターを備えた新型も投入した。現在の電力使用量がひと目でわかるようになっており、価格はコードの長さが10メートルのハンドリールタイプで1万9800円。一般家庭はもちろん、自治体では、避難所に「安心給電キット」を配備しておけば、車から必要な電力を供給でき、そこに関わる防災人員も削減できる。
 すでに道内自治体からの注目度も高まっており、北海道庁を始め道内各地の防災訓練では、自動車からの給電がプログラムに盛り込まれるようになった。
 同社では「安心給電キット」を自治体に普及させる取り組みを進めており、10月4日には札幌市に20台を寄贈した。
 この「安心給電キット」は、防災の日の9月1日にUHBやHTBなどの防災番組で大きく放映。翌日にはヤフーのトップニュースでも扱われた。

千葉の大停電で全国の自治体やマスコミからも注目

 さらに「安心給電キット」の重要性を知らしめたのが9月8日に上陸した台風15号だ。千葉県内で最大100万戸が停電。数週間に渡りエアコンや扇風機などが使えなかったことから、熱中症で死者も発生した。
 越智社長は、SNSなどを駆使して千葉県と自治体に車活用のメッセージを発信。防災史上初めて被災地に電力供給用として156台ものハイブリッドカーやEV車が派遣された。
「千葉県の大停電以降は、自動車の電源化のニーズが飛躍的に高まり、NHKの『おはよう日本』やテレビ朝日の『羽鳥慎一モーニングショー』ほか全国に当社が紹介され、問い合わせが殺到しました」と越智社長。
 今後「あかりみらい」は10月24日に東京で開催される東京モーターショーに出展。全国に販路を拡大する計画だ。
 また、非常時に自家用車を住宅の自家発電機として使う「停電しない家プロジェクト」の全国展開も進めており、11月13日から東京で開催の住宅設備フェアにも出展する。
「全国の防災プログラムに標準化していくことはもちろん、エンドユーザー向けにすでにAmazonでの取り扱いも始めています。地震や台風など災害多発国の日本中に自動車から電気を取るという停電対策を広めていきたい」と越智社長は語った。

基本データ

企業名:
あかりみらい
住所:
札幌市北区北11条西2丁目2‐17 セントラル札幌北ビル4階
TEL:
011・876・0820
URL:
http://www.akarimirai.com/
企業特集:企業・社員・顧客を守る防災