「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/08/17(金) 菅官房長官が来道、高橋知事周辺は警戒感?

  

 来週8月20日、21日に菅義偉官房長官が北海道を訪れる。東京から道東に入り、鹿肉加工施設などを視察し、夕方、空路で札幌入りする。その後、吉川貴盛自民党道連会長が中心となり開かれる会合に駆けつける。

 この会合が政界関係者の耳目を集めるのは、鈴木直道夕張市長が出席するとみられているためだ。鈴木氏といえば、来年春の知事選候補として名前があがる1人。管氏とは法政大学の先輩・後輩の仲。「菅・吉川ライン」の意中の候補と目される。

 今後の身の振り方を明言していない高橋はるみ知事と吉川氏は、今春の副知事人事をめぐり対立。両氏はこれまで何度か膝をつき合わせたが、関係が修復されたとは言い難い。

 同会には地元経済団体首脳らも出席しており、菅氏から鈴木氏や知事選について何らかの発言があるのか。いま、高橋知事周辺やメディア関係者には、〝ピリピリムード〟が漂っている。(前田)

=上写真=吉川貴盛氏(左)と菅義偉氏

=下写真=鈴木直道氏(左)と高橋はるみ氏(中央)