ほっかいどうデータベース

アサヒ商会

17年に新ブランドとして立ち上げた「クローバー」

創業75周年。基礎を踏襲しつつ大きな変革を目指す

 20年で創業75周年を迎える「アサヒ商会」。ガソリンスタンドとゴルフ場の運営を主力に業務を拡大してきた。
 15年の社長交代を機に、社内のIT化や社内制度の拡充・明確化など、大改革を実施した。
 同社の柱となるガソリンスタンド事業では、17年に新ブランド「クローバー」を立ち上げ、制服やロゴなどのほか働く環境などを整備。
「ガソリンスタンド業界のイメージを少しでも変えていきたい」と齋藤巌社長は変革の経緯を語る。
 また、齋藤社長の外資系企業勤務経験などを活かした海外教育事業も積極的に実施。その一貫として15年にはベトナムに小学校を寄付。18年にはインドネシアのジャカルタに高度教育センター「IQ education」を開設した。ここでは、小学生を対象に、英語・数学プログラミングを教え、詰め込み型の教育ではなく、考える楽しさを教えている。
 地元の函館では、北海道胆振東部地震の際の医療・通信への自家発電用燃料確保に尽力。小学校に英語学習AIロボット3台を寄贈し、プログラミング教室を開催するなど、地域貢献にも力を入れる。
「75年間培ってきた基礎を踏襲しつつも、変革を恐れず大きな節目となる100年を目指していきたい」と齋藤社長は今後の抱負を語る。

齋藤巌社長
ベトナムに小学校を寄贈