ほっかいどうデータベース

「北海道モーターサイクルショウ」が盛況のうちに終了

スポーツバイクやアメリカンバイクが並ぶ

3月12・13日の2日間にわたって「北海道モーターサイクルショウ2022」が催された。会場となったアクセスサッポロには、2日間で約7100人が来場した。

バイクファンの間では定番のイベントとなっている「北海道モーターサイクルショウ」。テーマは「二輪車のある北海道ライフの提案を通して、二輪文化と市場の発展を図る。」だ。

経済産業省北海道経済産業局や国土交通省北海道運輸局、北海道、札幌市などが後援する北海道最大級のオートバイイベントで、21回目の開催を迎えた今年は3月12・13日にアクセスサッポロで開催された。

昨年に引き続き、新型コロナウイルスの感染防止対策を実施した上での開催となったが、1日目の来場者は約3300人を記録。最終日の2日目は3800人を超え、2日間で7100人以上が来場するなど大盛況のうちに終了した。

出展企業はバイクディーラー各社やモーターショップなど45社。アメリカンタイプやスポーツタイプなど各メーカーのマシンをはじめ、多種多様な二輪用品が展示された。バイクファンはもとより〝バイク初心者〟も数多く来場し、会場は熱気に包まれていた。

また、近年はコロナ禍を背景に新たな趣味として二輪車を検討するシニア層も増加しており、中高年も多数来場した。

次回開催は来春を予定。老若男女から親しまれるイベントとして、さらなる発展を目指す。

来場者の中には中高年の姿も