ほっかいどうデータベース

大樹生命保険 札幌支社

お客さま本位の業務運営を実践中

新タブレットで一人ひとりに合わせたサービスを提供

 19年4月に三井生命から大樹生命に社名を変更。21年度は3ヵ年にわたる中期経営計画のスタート年にあたり、「つなぐ〜信頼を拡げ 未来を拓く〜」をスローガンに置いた。

 5月には新たなタブレット型営業端末「ミレットPlus」を全営業職員に導入。顧客が加入する保険契約の内容や情報を分析し、内容やサービスを確認できる仕組みを構築した。

 これにより、主力商品の「大樹セレクト」など、一人ひとりに合わせた商品やサービスを提供している。

 タブレットにはデジタルコミュニケーションツールを搭載。非対面によるコンサルティングや新契約手続きが可能なほか、一方で10月には本社部門のファイナンシャルプランナー資格を持つ専門スタッフによる「オンライン相談窓口」を開設して、質の高いコンサルティングサービスを提供。〝お客さま本位〟のサービスを第一に、希望に合わせて非対面やオンラインでのサービスを選べることも新たな強みとなった。

 札幌支社は、道内4支社の中で道央・道北地区を管轄し、11拠点で約3万7000件の契約を擁する。団琢磨初代社長が掲げた「いつの時代も、お客さまのためにあれ」という価値観のもとで〝お客さま本位〟の業務運営を実践中だ。

 江発田智久支社長は「お客さまによりそい、お客さまのニーズにお応えしていく」と意欲的に語った。

大通公園に面した大樹生命大通ビル
オンラインによる非対面のコンサルティングや新契約手続きも可能