ほっかいどうデータベース

挑戦を続け難局を打破「真駒内で花火大会を」

(さいとう・みつひろ)1973年旭川市生まれ。20歳で独立。2000年にアスクゲートを設立。アスクゲートを持ち株会社とし、人材派遣、飲食、ホテル、保育、自動車販売・整備、介護事業、アグリサービス、日本語学校などを展開。「真駒内花火大会」を立ち上げ、実行委員長を務める。

斉藤 三寛氏 アスクゲート社長

チャレンジし、多角化する戦略がコロナ禍で役立った。

「柱がいくつかあった。1つがダメになっても他の柱で支えることができた」 

飲食事業、宿泊事業はコロナで大きな打撃を受けたが、FC加盟する「餃子の王将札幌伏見店」がテイクアウトを伸ばし、旭川でオープンした本格的トレーラーハウス「A-GATEグランピングヒル」が穴を埋めた。22年はキャンプ場の建設も予定している。

好調の人材事業では、エフエム・ノースウエーブと協同出資で「ノースウエーブジョブ」を立ち上げ、〝スキマ時間バイト〟の仲介アプリ「northwaveプチバイト」をリリースした。

自社の養鶏場を活用したアグリ事業、共同出資による温泉ホテル取得にも動いている。

「2年連続で中止になっている真駒内花火大会を今年こそやりたい。大きな花火を打ち上げますよ」