ほっかいどうデータベース

堀江税理士社会保険労務士行政書士事務所

スピード感とトリプルライセンスで高い支持を獲得

堀江勇気所長は税理士・社労士・行政書士の資格を有するトリプルライセンスの持ち主だ。〝企業サポートのエキスパート〟として知られており、多角的な視点からの分析とコンサルティングを得意としている。
「コロナ下では、持続化給付金、雇用調整助成金、資金繰りなどの相談が多くなりました。それぞれ社労士、税理士などに専門が別れるが、私は双方に対応しています。両面を把握して戦略を練ることで、最善のアドバイスが可能です」と堀江所長。

また、圧倒的なスピード感も特徴の1つだ。その理由を堀江所長は「複数の専門家が情報共有する場合は必ずタイムラグが生じます。しかし、当事務所は私自身が複数の有資格者であるため、連携によって生じる無駄が無い。質が高く、スピード感のある〝真のワンストップサービス〟を提供しています」と語る。

税理士と社労士、行政書士の垣根を取り払うことでコストダウンも図っている。労務、法規行政、特に税務調査などの交渉事には抜群の強さを発揮。顧客からの信頼も極めて厚い。その証拠に、新規顧客の90%以上は既存顧客からの紹介だという。徹底的な顧客満足の追求で常に高い支持を獲得し続けている。

堀江 勇気
ほりえ・ゆうき/1999年中央大学商学部を卒業後、大手流通企業へ入社。1日16時間の勤務に耐えられず3カ月で退職し札幌へ逃げ帰る。2005年に社会保険労務士、07年に税理士、10年に行政書士に登録し、同年開業。