ほっかいどうデータベース

京野雅宣税理士事務所

迅速な財務管理を実現。最新情報の周知も徹底

「京野雅宣税理士事務所」は、クラウド会計ソフトの導入によるスピーディーな財務管理と、長年の経験を生かしたコンサルティングで企業の成長を支えている。

陣頭指揮を執る京野雅宣所長は、45年の経験を誇るベテラン税理士。これまで幅広い業種の会計管理を手掛けてきた。

手厚いコンサルティングに役立っているのが、クラウド会計ソフトだ。
京野所長は「日々更新される顧客の会計データと当事務所のシステムをリアルタイムに連動させることにより、迅速な財務管理が実現できます」と語る。

近年は相続税の申告と対策の相談も増加。紹介による案件も多い。

また、10月から登録申請の受付が開始された「インボイス制度」(適格請求書等保存方式)や、2022年1月から施行される「電子帳簿保存法」など、顧問先に最新情報の周知を徹底。制度改正における顧問先の課題を分析した上で、対応を進めている。

一方、武田由佳税理士は、丁寧な対応と数字に対する正確性で経営者からの支持を獲得。京野所長と綿密に連携を取ることで、同事務所の支援体制を強固なものにしている。

京野 雅宣
きょうの・まさのぶ/1973年北海道大学経済学部卒業。同年岩見沢市内の税理士事務所で勤務。76年に税理士登録し、京野雅宣税理士事務所を開業。
武田 由佳
たけだ・ゆか/2004年北海学園大学を卒業。06年に京野雅宣税理士事務所に入所。17年3月に札幌学院大学大学院を卒業し、同年税理士登録。