ほっかいどうデータベース

オフィス・店舗設計の「AQURAS」の受注が好調

落ち着いた雰囲気のミーティングルームをデザイン

オフィス・店舗設計のAQURAS(本社・札幌市)の受注が好調だ。インサイドセールスが主流の中、飛び込み営業が奏功。高い施工品質も相まって顧客を増やしている。

労働力不足を背景に、業種業界を問わず人材確保が困難になっている。そこで、採用力強化および既存社員の満足度向上を目的とした企業価値向上施策として、全国的にオフィスや店舗の新築やリニューアルが盛んに行われているという。

AQURASもこうした市況をいち早くキャッチ。また、インサイドセールスが主流の今、あえて飛び込み営業を実践し、数多くの受注を獲得している。施工も原則、自社スタッフが行うことで品質の向上とコストの圧縮につなげている。

天池浩社長は「資材が高騰している現在、いかに予算内でお客様の理想に近づけられるかが我々の腕の見せ所。目立たない箇所には廉価な資材を用いるなど、提案力も大切です」と語る。

現在、年間で100件以上の工事を手がけ、大手企業との取引も多い。有名アミューズメント施設の防水工事などの修繕も担うなど、順調に事業を拡大している。

「高級感のあるシックな雰囲気や爽やかで明るい雰囲気など、企業の文化や社風にマッチしたオフィス空間をデザインいたします。お見積は無料ですので気軽にお問い合わせください」と天池社長。
問い合わせは☎011・215・1358まで。

10月に手がけた真新しいオフィス