ほっかいどうデータベース

翼工務

モノトーン配色を生かしたリビング

自社一括体制による自由設計の住宅が魅力

1992年創業の「翼工務」は、設計・施工・アフターケアまで一貫して自社直営を徹底。夏は涼しく、冬に暖かい北国の気候風土に適した住宅をつくり続けている。

設計自由度が高い「木造軸組工法」を中心に、高気密・高断熱仕様の「基礎断熱」と「付加断熱」を採用。また、二酸化炭素の排出対策が取られた「低炭素住宅」の認定も受けている。

耐震・制震性の向上には、柱と梁に構造用集成材を使用。建物の外周部には構造用合板を用いて、土台・柱・横架材を一体化した耐力壁にしている。さらに制震ユニット「MIRAIE」を採用。住宅の揺れと損傷を軽減することで、安全性を追求している。

近年は内観と外観に道南杉などの道産素材を採用し、木材の地産地消も推進している。
施工はキャリア20年以上の自社直営の大工が担当するなど、その信頼性は極めて高い。

現在、札幌市東区東雁来11条3丁目に、モデルハウス(税込3570万円)を公開中。都市ガス、エコジョーズ、天然ガスで発電する「コレモ」、「MIRAIE」を装備している。

また、同区画に宅地3区画(1325万円〜)と、店舗用地2区画も分譲中だ。

東区東雁来のモデルハウス