ほっかいどうデータベース

三浦工業

防水工事で建物の資産価値低下を抑えることができる

各種防水工事で雨水や雪から建物の資産価値を守る

オーナーにとって賃貸物件は大事な資産である。雨水や雪などから守るため屋根や屋上、ベランダなどの防水工事にも気を配りたい。
例えば雨水などが建物の内部に入ると木造では腐食が起きる。RC造でも鉄筋が錆びてコンクリートを破壊する爆裂現象を引き起こすことがある。防水工事に不備があると資産価値の低下を招きかねない。

新築時はもちろん定期的なメンテナンスも必須だ。しかし劣化の度合いは見た目からは判断しにくく、プロの診断が必要。信頼の置ける防水工事業者に依頼したい。

三浦工業は2007年の創業以来、1000件以上の防水工事を手掛けている防水工事のプロ集団だ。
卓越した技術と豊富な経験を有する社員は、6割以上が1級防水施工技能士資格を保有しており、あらゆる防水工法に精通。アスファルト防水やウレタン塗膜防水、塩化ビニール防水、FRP防水などから、物件の形状や状態、予算に合わせて最適な工法を提案してくれる。

また、アフターフォローも万全で防水工事に10年の保証期間を設けている。
三浦信道社長は「資産価値を守るためのさまざまな提案やアドバイスが可能です。お気軽にご相談を」と語る。

丁寧な手作業が高評価