ほっかいどうデータベース

わかまつ歯科医院

若松 孝理理事長院長
わかまつ・たかし/1991年北海道大学歯学部卒業。その後、道内歯科医院勤務を経て、95年開院。

インプラントの代替として高性能義歯・ブリッジを提案

「インプラントに恐怖心を持っている患者のために、複数の選択肢を用意しています」と若松考理理事長。

「しっかりと噛みたい」「着け心地を重視したい」といった要望に応えるため、新しい義歯やブリッジのメリット・デメリットを総合的に判断し、費用対効果の高い治療を取り入れている。

中でも自然な装着感と噛み心地が特長の義歯治療「ミラクルデンチャー」を選択する患者が増えている。義歯・既存歯、歯茎を一体的に固定することで、健康な歯を傷つける心配もないという。メンテナンスも容易で、ヒビや割れの修復も可能なため、長く使うことができるのも利点だ。自費診療となり、同院では15万4000〜19万8000円で提供している。

また、症状に応じて、柔軟性の高いポリプロピレンを用いた義歯治療「ブリッジ型デンチャーウェルデンツ」も提案。歯の欠損が1本の場合は、「ヒューマンブリッジ」と呼ばれる歯を削らないブリッジ治療も用意している。

顎の模型に装着したミラクルデンチャーの一例